上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイミー君は、お昼には近所の広場でお友達と遊んでもらっています。
近くに住むお友達のほかに、ちょっと複雑な事情で来ているお友達がいます。

今日もいつものように広場に行きましたが、仲良しのジロウ君がなかなか来ません。
広場をウロウロしながら待ってるとケイちゃんがやってきました。ケイちゃんの飼い主さんによると、じろう君はもともとの飼い主さんが連れて行ってしまったそうです。ここに色んな事情があって、そのもともとの飼い主さんはジロウ君を虐待してちゃんとした飼育をしていないそうなのです。
虐待の話は前から聞いていて、飼い主がろくなことをしないため、周囲の人たちがジロウ君を預かってお世話をしていて、いつも広場に連れてくる方も飼い主ではないのです。
ジロウ君も、飼い主の姿を見ると震えだすくらい、怖がっているそうです。
実際のところ、広場で遊んでいるときも、スーツを着た男の人が見えるとピタッと遊ぶのを止めてしまいます。飼い主が男性でいつもスーツを着ているから、なんだそうです。
ジロウ君は耳が聞こえない(頭の真上で手を叩いても耳が反応しません)ので、視覚で覚えているのでしょうか。

大丈夫かなぁジロウ君、元気にしているかなぁと心配していたら、いつもじろう君を連れてくる方がやってきて、涙を浮かべながら事情を話してくださいました。

ジロウ君を日中預かっている場所というのがお犬様禁止になってしまい、そのために飼い主に連れて行かれたそうです。飼い主も、家でお留守番させておけばいいのに、排泄物で家が汚れるからと、車に入れたままにしているそうなのです。
今もきっと車の中で吠えてるんじゃないか、車の中は狭くて寒いだろうし、不安でしょうがないんじゃないか、ととても心配していました。
私たちもとても心配で、こんなことになってしまってとても残念です。
飼い主が家に連れて帰らないので、代わりに夜に預かっている方がいらっしゃって、その方に譲ってもらえれば、なんとかできるということなのですが、飼い主がそうしてくれないそうです。
なんとかできないかなぁ。。。

正式に法に訴える手段であれば、保健所と警察に相談するということが考えられます。
それから、保護団体に助けを求めることも考えられます。
虐待と飼育放棄の事実が確認されれば、なんとかなるんじゃないかと思いますが、、、
私は何ができるのだろうか、、、。
無事にジロウ君が愛してくれる人のところに戻ってきて、幸せに生きていけるように祈るしかありません。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://8pwh.blog109.fc2.com/tb.php/177-0d5b3e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。