上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日購入した道具と材料を使って、革のスリップリードを作ってみました。
source1



今回使用したもの(青字は新規購入)
道具:
・メジャー
・ゴム板
・カッター
・金づち
ハトメ抜き
カシメ打ち
材料:
革テープ(180cm)
両面カシメ(中)
Dカン(溶接済み)
革用ボンド

普通のDカンではなくて、ペット用品のために溶接したものが売ってました。ネットでも一個からまとめ買いまで色々あるみたいです。


まずはデザインを考えます。
カラー(首輪)部分は、チョークカラーになるようにDカンをつけて
両面カシメ二つを使って留めます。
カラーはそのままリードとなって、カラーと反対側の端に手をくぐらせる輪を作ります。この輪も両面カシメ二つを使って作ります。

両面カシメは、どちらも端から1.5cmと3cmのところに打ちます。
カシメ一個目(Aとします)と二個目(Bとします)の間は補強のために革用のボンドで貼り付けます。

BからDカンを通して折り返す地点までの長さは1.5cmとります。
手をくぐらせる輪は円周35cmくらいにしました。AとBはカラー部分と同じ間隔で打つことにしました。

ということでできたーーー!!!
sliplead1


なかなかうまくできました。あ

ハトメ抜き(カシメを通すための穴をあけること)が苦労しました。
なかなか穴が開かないわけです。金槌でカンコン。部屋の中でやると床に響いて近所迷惑かと思い、ベランダでやってました。近所に響き渡る金槌の音。。。本当は木槌とか使うのが、ケチったために金属音を響き渡らせる結果になりました。穴あけパンチがあると便利かなぁ。
ハトメ抜きの場所は、型紙を作っておいたので楽に決められました。
model1


チョークカラーの部分はこんな感じ。
sliplead_part1

手をくぐらせる輪はこんな感じ。
sliplead_part2

なんだか、細かく見ると、チャチィなぁ。画像は荒いし、、。
ま、いいかぁ。
革の手縫いグッズを手に入れたときには補強で少々縫うことにします。

小さい時のトレーニングと室内での使用に限ることにしました。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://8pwh.blog109.fc2.com/tb.php/29-4be0b910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。