上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でっかい綿棒みたいに、先端にスポンジのついたアプリケーターを使って、頬の裏側をこすり、細胞と唾液を採取します。

サンプル採取前は、1時間は飲食禁止なので、ジェイミー君はクレートにしばらく入れておきました。

クレートから出してあげると、ただならぬ雰囲気とアプリケーターに興味津津です。

jamie09100503


こんな感じで、綿棒の親分みたいなスポンジに唾液をしみこませます。

jamie09100502

口を開こうとすると嫌がるので、ビローンと伸びる唇の間から差し込んで、ぐりぐり頬の内側をこすります。

jamie09100504

ふだん、あまり涎を垂らしたりしないので、唾液があんまりよく採取できません。
3、4回ぐらいぐりぐりしては紙に唾液をしみ込ませて、を繰り返しました。

jamie09100505

表はこんな感じ。

jamie09100506

こうやって裏までしみ込んで、色が紫から白く変わればOKみたいでした。

こちらのページに良い例悪い例があったので参考にしましたが、これで大丈夫かな。。。ちょっと不安でしたが、乾かしているうちにしみ込んで、良い感じになりました。

jamie09100507

すっかりしみ込んだ感じで。

jamie09100508

これなら大丈夫そうです。

この紙は1時間かけて乾かします。
乾かして、封筒に入れて、後は郵送するだけです。郵便局に持っていったら一週間くらいで届くそうです。そこからテストだから、どれくらいかかるのかサッパリですが、気長に待ちたいと思います。
テストキットに手順書が入っていたので、翻訳したものをまた別で記事にします。
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://8pwh.blog109.fc2.com/tb.php/432-1442beb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。