上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニチュア・ブルテリアはイギリスで作出された犬種です。
ヒンクスさんがブルテリア作出に努力した1850年代から何世代も続いた後、うちのウィリー君が生まれました。
ウィリー君はどこからやってきたのでしょうか?

ウィリー君は、ミニチュア・ブルテリアの犬舎、
EntranceGardenさんで生まれました。
お母さんはフォーン・スマット・アンド・ホワイト、
お父さんはレッドのアイパンチです。
カラーについて調べたものの、フォーンと他のカラーとの優劣がどうなってるのかわかりませんが、(ブリンドル以外の因子をもつ)ホワイトとカラードのかけあわせなのでカラードのカラーのみ出たのだろうと一人で納得です。

ウィリーのお父さん、お母さんは日本で生まれました。
お爺ちゃんお婆ちゃんは海外で生まれました。
色んな国のブリーダーさんが、ミニブルのことを考え、
スタンダードや健康について考え、経験に基づいて交配を考え、
良いミニブルのための努力がなされて、ウィリー君が生まれました。
そして、我家で選択と決断を行い、ウィリー君が我が家に来ました。
「縁」というあやふやで便利な言葉よりも「選択と決断」の方が好きです。
それにしても想像してみたら不思議なもので、つい数年前にはイギリスにいたお犬様の孫が今うちにいます。イギリス行ったことないから変な感じ。そこには縁があるんだろうな、とは思います。
何はともあれ、ウィリーが生まれてきたことに感謝です。

仔犬をどこから買うべきか、というのはヨソで議論されるものとして、我家では現時点ではこのブリーダーさん以外から買う事は考えられませんでした。他に同じように努力をしているブリーダーさんは、国内にはいないだろうと判断したからです。

我が家にとって、とても幸運だったのは、このブリーダーさんが国内の、比較的近くにいたことです。
大きくみれば、海外から迎える事も可能ではありましたが、遠くないところにある幸運を無視し、飛行機や検疫や手間や時間というデメリットを受け入れるほどの余裕や執着は自分にはないようでしたよ。
もし、このブリーダーさんがいなかったらどうしていたかな?
きっと別の犬種を検討していたと思います。プードルとかもかわいいもんねー。

ウィリー君は、出身犬舎では、ミシェルという名前でした。
とっても良い名前なので、そのままでもいいかと思っていました。
だけれども、ちょっと長いのと、英語圏の人が発音するのと日本人が発音するのとでは響きが違いすぎてしまうだろう、とのこともあって別の名前にしました。ミシェールでもミシェーオでもムシェーオでも、お犬様は「ミシェ」くらいまでしか理解しないだろうけれども。

willie04


最近は、寝息どころでなく、イビキもかきはじめました。あと、オナラがくっさぁ~いです。口臭も香ばしい香りで臭うし、耳も臭います。顔もなんだかアブラっぽいし。生後二ヶ月にして立派なオッサンです。そのままかわいいオッサンでいてね☆

ウィリーの血統書は、正直なところ必要ありません。この形をみて、ミニブル以外の何だと言うの?と自信をもって言えます。あ、でも予想以上に大きくなったらミニじゃなくなるかもね。でも、それにしたって国内だけじゃなく国外のブリーダーさんにも、これはブルテリアです、と言える自信があります。それにはブリーダーさんを信頼しているところが大きいですが、自分もそれなりに調べて、確信があるからでもあります。


などと、なんだかんだ言ったって、ひとたび飼い始めてしまえば、たとえウィリー君のお父さんが全然知らないどっかのお犬様であっても、ウィリーはウィリーなので、大切に育てていきますよ。

ウィリーに関連するサイト:
Entrance Garden
Margins
Kennel from Friar's Point
el cornijal
  
コメント

ウィリーに決定ですか?
呼びやすい名前ですね!
ウイリーはショーに出せるこだと思いますよ。
背線もきれいだしサイドも四肢も問題無いと思います。

関連サイトに追加してください(笑)
フローラのお父さんのブリーダーさんで
イギリス最強といっても過言ではないと思います。
マージンズケネルのホームページです。
フローラとインディはこの犬舎のメリー・パレットさんのおかげで日本に来ました。
http://www.miniature-bullterriers.com/
ベビーのページにフローラとクラック兄弟姉妹が載ってますよ。
entrance│URL│11/02 22:20│編集

entranceさん、コメントありがとうございます!名前はウィリー(Willie)にしました。本犬は「オスワリ」と「ウィリー」の区別がついてないみたいですが。名前は改めてメールでお知らせしますね。
ウィリーは顔は細めですが、相変わらず前肢はキュっとしていい感じです。ショーは、、、、もう少し大きくなって後肢がガニ股にならなかったら考えましょうかね。今は躾が大変でそれどころじゃないです!ほんとパワフルでずるがしこい!育犬で毎日ヘトヘトです。。。(;´Д`)

マージンズケンネルのURL、ありがとうございます!!早速、関連サイトに追加しました。こんなヘナチョコブログからどえらい犬舎さんにリンク貼っちゃって、恐れ多いですが、Entranceさんはじめ、皆様のおかげでウィリーがここにいるので、ほんと感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともよろしくお願いいたします☆
muggyT│URL│11/02 23:21│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://8pwh.blog109.fc2.com/tb.php/84-5bb07ebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。